依存からの回復


0

1.専門医に相談を


依存症は、病気です。専門医の診察と治療をうけることが
何より大切です。

回復の第1歩は、
じぶんひとりでは、
病気に太刀打ちできないことを自覚することです。

脳のシステムを、意志の力で、
コントロールすることはできないのです。

「自分のことは、自分が知っている」という言葉が、病いを進行させてしまいます。

依存症は、進行性の病気です。
放っておけばどんどん悪くなり、回復の可能性も低くなるばかりか、
死にいたる病なのです。

この病気は、否認の病いと言われます。
つまり自分が「依存症であることを認めない」ということが、
代表的な症状でもあります。

もし、ご本人が受診できないなら、ご家族だけでも、
1日も早く、地域の保健相談や専門医にご相談ください。

依存症は、正しいサポートと治療を受ければ、回復できます。
依存しないで、人生を豊かに過ごす方法はあるのです。

是非、専門医の診察を受けてください。

ページトップ▲
2.自助グループに参加を



自助(じぶん自身で問題にたちむかう)グループがあります。

おなじ依存をもつ仲間や、さきに回復した人々のあつまりで
おたがいの体験をかたりあいます。

すると
じぶん一人と安心して、ほっとしたり、
ともに、たちむかう勇気や力づけをもらったり、
仲間といっしょに、新しい生きかたを探ることができます

互いに、支え合い、回復をサポートし合うグループです。

空

ページトップ▲
3.セラピー・カウンセリング等を利用する


依存におちいると
こころ、からだ、生活、しごと、お金など、
さまざまな面から、たくさんのダメージをうけます。

そのために、
じぶんを愛せなくなったり、
依存できず、とてつもない虚しさにおそわれたり
生きるいみがわからなくなったり・・・

それらを癒すのが、カウンセリングやセラピーです。

こころを癒し、エネルギーをみたし
あたらしい行動をすることで、
生き方を変えることができます。

ページトップ▲


安希カウンセリング事務所の依存症・共依存(AC)・発達障害へのサポート




大人の発達障害も、依存症回復のプロセスで、対応が可能です。

どちらも、共通して、
過去の傷や、ショック、人間関係のつまずきから
現状の適切な行動が起こせなくなっている状態です。

一夜明けたら、ぱっと、問題がきえるということはありません。
サポートのステップは、以下の通りです。

  安希カウンセリング事務所3つのステップ

ページトップ▲
【ステップ1.表現セラピー】********

芸術には、よけいな思いや、
かたよった考えから、
私たちをときはなつ効果があります。

創造することで、こころの奥が
ぐっと、うごきます。

ふっと、らくになった時、
エネルギーは、意味のあるほうこうに流れます。
じっくり味わうと、じぶんにOKがだせます。
イキイキとした自分を創ります。

悲しみや空しさが、豊かさで満ちてきます。

もっとじょうずなやり方で、
快感やワクワク・どきどきをえることができます。
本来のあなたをとりもどします。



ページトップ▲
【ステップ2.カウンセリング】********

なぜ依存におちいってしまったのか?
(人間関係がうまく行かないのか?)
かたることで、それをさぐってゆきます。
じぶんと、じっくり、むきあいます。

依存や障害によって、
見えなくなったり、押し殺していた
本来の感情を、探り、気づき、解放します。

・ 何があって?なくて?依存になったのか?
           (うまくいかないのか?)
・ 本当にほしかったものは、何だったのか?
・ くりかえさないために、なにが必要か?
・ これからどんな未来を創りたいか?

・・・などを、さぐってゆきます。



ページトップ▲
【ステップ3.SST
   (ソーシャルスキルストレーニング)】***

こころのケアができても
あたらしい行動ができなげれば、
また、同じことがくり返されてしまいます。

自分にとって、望ましい結果につながる行動を
体験しながら、身につけるトレーニングです。

職場や家庭での実践場面を想定して、
あなたにあった実践的なトレーニングを行います。

・あなたにあったコミュニケーション力が、
身につきます。
・ひとづきあいが、するりとスムーズになります。
・ストレスが、ぐっとへります。
・問題への手だてが、あれこれ、うかびます。

じぶんに自信がつきます!!

ちょっとひと休み



ページトップ▲




依存症かな?と思ったら

お問い合せ
>>お問い合わせ・ご相談はこちらをクリック

sidemenu

安希カウンセリング事務所


鈴木安希子

代表>>鈴木 安希子

〒132-0014
東京都江戸川区東瑞江1-39-3
電話>>03(3678)3614
FAX>>03(3678)3614
E-mail>>akicounsel@ai.wakwak.com

お電話でのお問い合わせは
平日 月曜〜金曜日
午前9時より午後7時までになります。

セッション中などで、
電話に出れないこともございます。
恐れ入りますが、その際は、留守番電話に伝言をお残しください。
折り返し、こちらからご連絡させて頂きます。

メールでのお問い合わせは、
24時間受け付けております。
返信は、一両日中になります。

新着情報
 


【初めてご相談される皆様へ】

  初回の相談は、
オリエンテーションとなり、
無料です。

なお、セッション中などで
対応できなかった場合は、

大変恐縮ですが、
留守番電話か、メールで
メッセージを残して頂ければ幸いです。

なにとぞ、ご理解のほど、
よろしくお願い申し上げます。

【10の共依存タイプがわかる】 

人との距離感がわからない 
 「ぶきっちょさんのための
  ワークブック」

ホームページで販売中!!
ご自宅で、人間関係力をアップできる
セルフトレーニングの小冊子です。



  

事業内容パンフレット
 


ここからダウンロードできます

  パンフレットPDF